居心地のいいトリミングサロンは店舗デザインが重要

お客さんのことを最優先したデザインを考えることが重要

トリミングサロンという性質上、お客さんだけではなく近隣住民にも配慮したつくりにすることを忘れないことが大切です。
オシャレな店舗デザインにばかり意識が向いていると、遮音効果がないものを選んでしまい、近隣住民から苦情が出る可能性もあります。
お客さんにとってはもちろんですが、近隣住民の居心地を悪くしない店舗デザインも実現できました。
夜遅くまで営業しているので、騒音問題が起こらないように細心の注意を払って設計を考えました。
動物がやって来るトリミングサロンの店舗デザインは、人間のお客さんを相手にするときとは違った店舗デザインを取り入れなければなりません。
人間の都合を重視してしまうと、ペットにとって居心地が悪い場所になる恐れがあります。
他のペットと目が合わないようにする、個室を作る、臭い対策を実施するなどの工夫が必要となるでしょう。
実際にトリミングサロンをつくっていくと、初めに理想としていたデザインとは違ったものができていますが、その代わりペットや飼い主にとって居心地が良い環境が整っています。
自分のお店を持つときなどはどうしてもデザインなどにこだわりたくなる気持ちが出てきますが、お客さんのことを最優先したデザインを考えることが重要だと分かりました。

トリミングサロンを開業店舗側とお客様側どちらにも居心地良い店舗内装お客さんのことを最優先したデザインを考えることが重要